上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゼログラビィティ&エンジェルウォーズ

ゼログラビィティとエンジェルウォーズを友達の家でみました。

以下ネタバレありますので注意して下さい。


ゼログラビィティ⤵︎


ゼログラビィティは、ストーリに緩急があり、みているこちらがハラハラドキドキしてしまうような感じですぐに時間が過ぎてしまいました。
演出的にすごいなって思ったのは後半、マットが船内に入って来て、女性をはげまし、そして幻覚落ちだったという悲壮的でありながらも新たなステップに女性が向かうきっかけをつくったあの感じ。
ここの画は画面の切り替えがとてもうまく、これは今後の制作につかえるなとおもいました。
あと、どこからどこまでがCGなのか全然わからなくって、、、服はCG??なのかな、、、よくわからなかったです。
ですが、宇宙の空間や破片がとても綺麗で1枚1枚が絵になっていました。
綺麗さや1人の大人が人間として成長しているという表現にかんしてトップレベルではないかと思います。面白かったので是非。


エンジェルウォーズ⤵︎


友達が言うにはこれは監督が日本の文化に影響されて作られたものらしく、本当に日本の好みの感じが全て詰め込まれた感じの映画でした。
まず、主人公(仮)が金髪ツインテールでセーラー服だったんですが、これがまたかわいくって、その子が剣や銃を使って戦うんですが、全体的にCGまんまって感じで全てがCGにみえてしまいました、、、でも内容的にとっても面白くって私はワクワクしました!!実際の世界ではどうなのかな?とか考えるとまた色々と妄想できて何時間か楽しめると思います。絵的にもツメタメとか参考になる部分はたくさんありましたが、私だったらこのカメラワークはこうするとか思う部分もありました。
ですがアクション的にはとても楽しめました!セーラー服で戦う少女が好きならぜひみてくださいね(^ω^)


スポンサーサイト
[ 2014/05/31 10:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)